脊損(脊髄損傷)の後遺症に納得のいく正しいリハビリ
ぜひ、最後まで一読ください。脊損の後遺症の回復には経験豊富な理学療法士が必要です。
東京品川区 Reアートマー
アフターコロナも完全プライベート継続! 理学療法士兼はり灸師が常勤! 訪問リハビリもお受けしています。

脊損の後遺症に納得のいく正しいリハビリ

今!脊損の後遺症で悩んでいるあなたに最も必要なのは、経験豊富な理学療法士のアドバイスと施術です!それは、リハビリテーション医学を用いるからです。脊損後遺症の改善を民間療法では、出来ません。

脊損の回復に必要な条件
お問い合わせはこちら✉ なんなりとお気軽にご相談ください 東京品川区 Reアートマー
03-6718-4760 03-6718-4760
受付時間:10:00~19:30
Check!
脊損後遺症にはリハビリテーション医学を駆使した正しいリハビリが必須なんです!
民間療法の多くは、ストレッチと筋トレのみ…ではありませんか?
Point
1

全てのプランに理学療法士が関わります。

脊損の後遺症は、残念ながら、ストレッチと筋トレ、やっても歩行練習…だけでは、ある一定のラインを超えて回復する事はできません。なぜなら、それは脊損の後遺症の回復に必要な、ある事が欠けているからです。

Point
2

落ち着いた雰囲気とこだわりの技術

Reアートマーは、アフターコロナも完全プライベート制です。脊損に限らず、一人のセラピストが一度に複数人を診る事はいたしません。なので、他の人の目を全く気にする事は、決してありませんので、集中して脊損のトレーニングや施術に専念できます。

Point
3

東西両医学の融合

Reアートマーは、脊損に限りませんが、一つの固執した概念に捕らわれません。あなたにとって、一番必要な最善のプランをご提供いたします。Reアートマーは、理学療法士兼はり灸師とヨガインストラクターが東西両医学の垣根を越えて、多彩なプランから、あらゆる可能性を引き出します。

どうぞお電話でも気軽にご連絡ください
03-6718-4760 03-6718-4760
受付時間:10:00~19:30
どうぞお電話でも気軽にご連絡ください
03-6718-4760 03-6718-4760
受付時間:10:00~19:30
Access

駅から徒歩5分という継続的に通いやすい便利なロケーションにあります

概要

店舗名 Re アートマー
住所 東京都品川区北品川1-30-5-1F
電話番号 03-6718-4760
営業時間 10:00~20:00
定休日 年末年始以外営業中
最寄り 京急:北品川駅・新馬場駅より徒歩で約5分
JR:品川駅より徒歩で約10分

アクセス

京浜急行線の北品川駅から徒歩5分でお越しになれるアクセスの便利なロケーションに位置しているため、近隣の方はもちろん遠方からも多くの方が利用されています。痛みの緩和や身体機能の維持や向上に向けて定期的に通いたいとお考えの方や、天候が悪い日でもお体に過度の負担をかけずに通っていただけます。
特徴

理学療法士兼はり灸師のリハビリ

脊損の後遺症を回復させたいなら!

一口に脊損(脊髄損傷)、と言ってもその症状の個人差は多種多様です。なので、経験豊富な理学療法士の正しい選択が必要なんです。

 

もちろん自己流でも、民間療法でも、脊損専門のジムでも、ある一定のラインまでは回復するかもしれません。しかしそれは、筋肉量とか、関節可動域の拡大とか、歩行距離、とか数値化できるいわゆる量的なものだけですよね。

 

決してそれが悪いと言っているわけではありませんので、誤解しないでください。結果として数値が伸びる事はとても良い事ですよね。やりがいも出てきます。

 

ただ、あなたに一番必要なのは、その結果何が出来るかですよね。例えば…

旅行に行きたい・スポーツを始めたい・車の運転をしたい・仕事復帰をしたい。。。

 

経験豊富な理学療法士は、データ等の数字は二の次です。

その出来る何か、やりたい何か、に必要な機能を回復させるように努めます。それは、量的ではなく質的です。そうです、自己流や民間療法や専門と謳っているジム等では、動作の質を求める事が欠けているんです。

 

バーベルを何キロ持ち挙げたから?歩行距離が何メートル歩けたから?だけでは…。バーベルを持ち上げるのが目標ですか?歩ける事だけが目標ですか?…違いますよね?靱帯損傷や骨折ならそれでも良いでしょう。

 

歩けた…だけではダメなんです。歩行動作の質を追求しないと、ただ歩けるだけの歩行動作は、将来においてあなたの助けにはなりません。すぐに歪みが出てくるでしょう。それは、脊損に関わらずです。

 

Reアートマーは、質を追求します。なので、納得が出来るんです。そのご用意があります。ぜひ、ご利用ください。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事