辛い痛みを「治す」ために特化した治療法。
Reアートマーが独自に開発しました。
ぜひ最後まで一読ください!リハ医学と東洋医学を融合させた、総合的治療法「conflated therapy」を開発
東京品川区 Reアートマー
コロナ対策!完全プライベート実施中! 今なら初回ご利用料金割引します。 都内でお探しならReアートマー!

痛みの緩和に特化した治療法です!

【PFS(固有受容器性筋膜刺激療法)】は、特に慢性に痛みに特化した治療法として、Reアートマーの理学療法士が独自に開発しました。他の治療方法と比べて、即効性がありかつ「治す」治療法です。

PFS(固有受容器性筋膜刺激療法)で治す3要素
お気軽にお電話でご連絡ください
03-6718-4760 03-6718-4760
受付時間:10:00~20:00
Check!
理学療法士が開発した【PFS(固有受容器性筋膜刺激療法)】
だからこそ「治す」事ができます。「治す」事ができる治療法は多くありません。
Point
1

経験豊富な理学療法士が開発

痛みを緩和する治療法は多く存在します。そのどれもが、とても素晴らしいものです。ですが、その時点では痛みが取れたように感じても、痛みの原因の根本は取り除かれたわけではありません。その体の中に残っていて、いずれまた繰り返してしまいます。慢性の痛みはこのように繰り返すことで、大きくなってしまいます。理学療法士だからこそ、そこに注目して「治す」治療法を開発しました。

Point
2

理学療法士が全てのプランに関わります。

治療法のどれもが、施術に関しては、やっていい事とやってはいけない事、今ある方法よりもさらに効果のあるもの、何をどれだけやって良いのか等、その時々で選択を迫られます。その時に、現代医学であるリハビリテーション医学に則った知識と技術で対応しなければなりません。理学療法士だからこそできることです。

Point
3

安全で簡単なセルフケアで「治す」

セルフケアは、判断に迫られることがなく、しかし確実に効果が出る方法をご指導差し上げます。セルフケアもハイブリッド3点療法の一部なのです。セルフケアが出来なければ「治す」事が出来ないわけで決してありませんが、これができると、さらに効果が格段に上がります。

どうぞお電話でも気軽にご連絡ください
03-6718-4760 03-6718-4760
受付時間:10:00~20:00
どうぞお電話でも気軽にご連絡ください
03-6718-4760 03-6718-4760
受付時間:10:00~20:00
Access

駅から徒歩5分という継続的に通いやすい便利なロケーションにあります

概要

店舗名 Re アートマー
住所 東京都品川区北品川1-30-5-1F
電話番号 03-6718-4760
営業時間 10:00~20:00
定休日 年末年始以外営業中
最寄り 北品川駅より徒歩で約5分

アクセス

京浜急行線の北品川駅から徒歩5分でお越しになれるアクセスの便利なロケーションに位置しているため、近隣の方はもちろん遠方からも多くの方が利用されています。痛みの緩和や身体機能の維持や向上に向けて定期的に通いたいとお考えの方や、天候が悪い日でもお体に過度の負担をかけずに通っていただけます。
特徴

理学療法士が開発した【PFS(固有受容器性筋膜刺激療法)】

特に慢性の痛みに特化した、これまでにない新しい治療法です。

これまでに、痛みに対する治療法が多く世に出てきました。メディアなどでも、よく取り上げられていますよね。それらは、どれも素晴らしいものだと思います。

 

開発者は、「痛みをどうにかしてあげたい」という思いで、試行錯誤の上作り上げられたのでしょう。その思いは、私も同じです。

 

しかし、「治す」という点においては、とらえ方がやや違う印象です。その時点で痛みが消えた・挙がらなかった腕が挙がった、などはよくありますよね。

 

このハイブリッド3点療法も同様な効果を発揮します。しかし問題はそこからです。その時点では、痛みの原因の根本は取り除かれていません。そのお身体の中に残ったままなのです。なので、いずれまた繰り返します。これは「治った」とは言えませんよね。

 

私はそこに注目して、開発を重ねてきました。慢性の痛みは、繰り返すたびに、再発するたびに悪化していきます。

 

しかし、そうならないのがこの【PFS(固有受容器性筋膜刺激療法)】です。ここでいうハイブリッドとは、理学療法士の西洋医学(リハビリテーション医学)と、東洋医学のはり灸を融合させたという意味です。

 

痛みの原因を根本から取り除いて「治す」治療法です。東西の両医学から生み出されたPFS(固有受容器性筋膜刺激療法)を、ぜひお試しください。ご利用を、お待ちしております。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事