そのつらいぎっくり腰。その痛み繰り返してませんか!?
その症状の原因は筋肉痛ではないんです。
ぜひ最後まで一読ください!ぎっくり腰。その痛み…今すぐどうにかしたいですよね!?
東京品川区 Reアートマー
コロナ対策!完全プライベート実施中! 今なら初回ご利用料金割引します。 都内でお探しならReアートマー!

ぎっくり腰の特徴を知っておく必要があります。

ぎっくり腰には、ある共通の痛みの症状には原因があります。そしてその痛みの症状の原因は、種類があります。筋肉または筋膜だけではありません。それらを把握して、痛みを「治す」施術をする必要があります。原因は筋肉だけではありません。筋肉に対処する整体やマッサージでは治りません。治るどころか、かえって悪化してしまいます。

ぎっくり腰の辛い痛み症状を「治す」ためのお約束
お気軽にお電話でご連絡ください
03-6718-4760 03-6718-4760
受付時間:10:00~20:00
Check!
ぎっくり腰なら放っておいても10~14日には痛みが取れます。
その間安静ってできませんよね。それに、ぎっくり腰の症状には筋肉以外にもあります。違う事してしまっていませんか?今しているそれ…本当に大丈夫ですか?
Point
1

現代医学と東洋医学の融合

現代医学のリハビリテーション医学と東洋医学のはり灸・ヨガを組み合わせて融合させた、Reアートマー独自のハイブリッド治療でぎっくり腰の辛い痛み症状を、筋肉および筋膜以外の原因へも対処し、緩和します。

Point
2

お一人おひとりに合わせた選択

ぎっくり腰は、放っておくと必ず繰り返します。医者には安静と言われ、湿布をもらうだけです。しかし、本当に安静出来ますか?そして、ぎっくり腰の痛みの症状の原因は、筋肉や筋膜以外にもいくつか種類があるんです。それに合わないことをしてしまうと、痛みが長引いてしまい慢性化に陥ることがほとんどです。その痛み。「治す」という事をしないといけません。

Point
3

症状を繰り返さないための「治す」プラン

痛み症状をとる事は当然です。Reアートマーの施術で、おそらくその場で痛みはほぼ取れてしまうでしょう。しかし、問題はその後です。その場で終わってしまっては、その痛みは必ずまた繰り返します。必ずです。断言します。では、どうするか。Reアートマーでは、症状を繰り返さないのための最善のプランをご提供いたします。

どうぞお電話でも気軽にご連絡ください
03-6718-4760 03-6718-4760
受付時間:10:00~20:00
どうぞお電話でも気軽にご連絡ください
03-6718-4760 03-6718-4760
受付時間:10:00~20:00
Access

駅から徒歩5分という継続的に通いやすい便利なロケーションにあります

概要

店舗名 Re アートマー
住所 東京都品川区北品川1-30-5-1F
電話番号 03-6718-4760
営業時間 10:00~20:00
定休日 年末年始以外営業中
最寄り 北品川駅より徒歩で約5分

アクセス

京浜急行線の北品川駅から徒歩5分でお越しになれるアクセスの便利なロケーションに位置しているため、近隣の方はもちろん遠方からも多くの方が利用されています。痛みの緩和や身体機能の維持や向上に向けて定期的に通いたいとお考えの方や、天候が悪い日でもお体に過度の負担をかけずに通っていただけます。
特徴

理学療法士とはり灸師の両国家資格を持ったセラピストが全てのプランに関わります。

筋肉に対処してしまう整体やマッサージ・電気治療では治りません。

ぎっくり腰の急性の痛みと、慢性的な腰痛は分けて考えなければなりません。

 

そしてぎっくり腰は、しばらく安静にしていれば治るからと、安心しきってはいけません。ほとんどの人がそうなのですが、痛みが引けると忘れてしまうものです。

 

しかし、またその時は必ずやってきます。繰り返してしまうのです。そして繰り返すたびに痛みの程度は重くなり、慢性化していきます。

 

ぎっくり腰の多く場合、原因は筋肉および筋膜ではありません。腰椎椎間関節捻挫がほとんどなんです。

 

痛み症状がある場所を、マッサージや電気治療はもってのほかです!これらは、筋肉に対して対処しようとするものです。原因が筋肉または筋膜であった場合、悪化します!そうでなくても悪化しますが…。安易に整体やマッサージをするものではありません。

 

そして、ぎっくり腰の種類は大きく分けて3つあります。それぞに応じた対処をする必要があります。今、その予防をしておかなければ、あなたの将来は辛い痛みに振り回されるかもしれません。

 

知っていれば予防できます。ぜひ、ご利用をお待ちしております。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事